看護師

気になるシミを治療するために|種類を知っておこう

  1. ホーム
  2. 種類別の治し方

種類別の治し方

ドクター

種類や特徴

クリニックで出来るシミの治療方法は沢山あります。種類別に有効な治療方法が違うので、自分が治したいシミの種類や特徴を知っておくことが大切です。シミには、紫外線でできるシミとホルモンバランスの乱れでできるシミがあります。一般的に多いのが、太陽から放出される紫外線のダメージでできるシミが老人性色素斑です。紫外線はメラニン生成細胞のメラノサイトを生み出します。メラニン細胞が増殖すると、茶色い色素が表皮に浮き出てきて沈着します。それが老人性色素斑です。加齢でシミができやすくなるのも、若いころから紫外線を浴びてきたツケが回ってくるからです。そのような紫外線が原因で現れる色素沈着・老人性色素斑には、美容皮膚科クリニックで行われているレーザー治療が効果的です。レーザーを照射してメラニン色素を分解すれば、ほとんどの老人性色素斑がなくなります。また、レーザーの強力なエネルギーで真皮層のコラーゲン組織が破壊されると、自然治癒力が発揮されて新しいコラーゲンが生まれます。コラーゲンの活性化ができれば、ほうれい線などのシワのリフトアップも可能です。治療後はレーザー照射のあとがしばらく残りますが、半年程度でシミやシワのない素肌になります。また、ホルモンバランスの乱れが原因でできるシミが肝斑(かんぱん)です。紫外線ダメージが影響して出来る老人性色素斑は、女性でも男性でもできるリスクがあります。しかし、肝斑は女性だけにしかできないのが特徴です。40代になり、両頬の頬骨のあたりを中心に、左右対称にぼんやりと薄く茶色い色素が浮き上がってくるのが肝斑です。それが日によって濃くなったり薄くなったりする場合もあります。肝斑は主に45歳から55歳前後の更年期に発生しやすく、だいたい更年期を過ぎるとほとんどなくなります。女性ホルモンの減少、それによるホルモンバランスの乱れが主な原因で、ストレスや乾燥なども間接的に関係している場合もあります。肝斑の治療としてクリニックで使われているのが、レーザートーニングです。レーザートーニングには、ぼんやりと薄い肝斑を綺麗になくす効果があります。普通のレーザーの場合は、肝斑に照射するとメラニン細胞が逆に活性化してしまうリスクがあります。しかし、レーザートーニングなら低エネルギーなので、メラニン細胞を活性化させることなく、薄い肝斑を無くすことができます。レーザートーニングだけでも効果がありますが、美白内服薬を併用して治療をするとさらに効果的です。