シミも、しわも、無かったことに。

気になるシミを治療するために|種類を知っておこう

しみの種類に合わせる

カウンセリング

若返り効果

シミにも種類が色々あります。老化現象の一つで老人性色素班、別名日光性色素班があります。大体40歳を過ぎると顔や手の甲などに現れます。主に紫外線が当たる部分に出来る褐色で境界線がないシミのことです。日ごろから日よけ対策を万全にしている人でも、出来てしまいやすいシミです。出来たばかりのシミはうっすらと茶色ですが、月日と共に茶色も濃くなりくっきりとしてきます。老け顔を強調してしまうシミでもあります。治療はレーザーや光治療がメインです。治療効果は良好で、取れやすいです。費用は自由診療となりますので受診する皮膚科によって異なります。次に肝斑があります。頬の高い位置に地図のような広がった形が特徴です。左右対称となり現れます。原因は女性ホルモンと大きな関わりがあるとされています。肝機能障害などその他様々な原因があげられます。通常のシミに用いられるレーザー治療が逆効果とされていますので、これといった即効性のある治療がありません。気長に治療していくしかありません。最近は肝斑に悩む患者さんのために肝斑向けに開発されたレーザーの登場によりひと昔前に比べると大きな改善がされています。色素沈着は、誰でも起こる可能性のある症状です。お肌のトラブルや炎症などでお肌が大きなダメージを受けると色素沈着となってしまうことがあります。若いころのニキビの跡やアレルギー性皮膚炎などで色素沈着を起こしてしまうことがあります。特に顔に出来た色素沈着は顔色や印象が暗くなってしまうことがありますので、適切な治療を行うと改善します。皮膚科で行われているシミ治療のメインはレーザー治療です。使用するレーザーにも種類が色々ありますので、受診した際に確認してみることが出来ます。日光性色素班は長期間放置していると茶色部分が濃くなり、やがて隆起してくることがあります。顔全体に透明感のないお肌は老け顔を強調してしまいます。レーザー治療はさほどの痛みもありませんし、一回の施術時間も数分程度なので、負担が少なく挑戦しやすいです。顔に明るさが戻ることや、想像以上に若返り効果を得られる場合もあります。美容皮膚科で行っていますので、自宅近くで探してみると通いやすいです。予約診療が一般的で、人気のあるクリニックでは予約が取りづらい事があります。シミのない肌を手に入れることが出来たら、入念な紫外線対策を行うことも大切です。紫外線は年間通して対策が必要です。特に寒い時期はうっかりと紫外線対策を忘れてしまいがちです。

美白系の施術の種類

顔を触る人

どんなに濃くて頑固なシミでも、レーザー治療をすることで綺麗に消えます。レーザーは狙いを定めたシミを一回で消せるのがメリットです。沢山あるシミやそばかすをなくしたい場合は、フォトフェイシャルがお勧めです。

種類別の治し方

ドクター

一般的に出来やすいシミが、紫外線ダメージが原因の老人性色素斑です。更年期の女性だけにしかできない肝斑もシミの一種です。クリニックに行けばほとんどのシミが消せますが、種類ごとに有効な治療方法が異なります。

クリニックで人気の施術

カウンセリング

レーザーやライムライトなどは、美容皮膚科クリニックで人気が高いシミをなくす治療です。老人性色素斑やそばかすなど自分では治しにくいシミが治り、さらに肌にハリを出したり毛穴を引き締めたりする美肌効果もあります。

美容外科での施術

ウーマン

シミに悩む方は多く、治療法にも様々なものがあります。自分に合った治療を選ぶことが大切です。美容整形外科の場合、医師による施術が可能なため高い効果が期待できます。費用設定はありますが、個人の肌の状態により少しずつは異なるようです。